Group Chat Modes

Solution can be used in multiple modes (predefined configurations) referring to group chat, users, application.

Administrators can define custom group modes with different settings from backend.
各モードの 1 分あたりのコストのようなさまざまな設定を構成できます。 (0 無料モード), 特殊モード, 定期的なウェブカメラのスナップショットを自動, ウェブカメラ ストリームをアーカイブおよびビデオとしてアーカイブ ストリームの自動発行.

Group mode is selected by performer. 実行者は、ライブに行くときにモードを選択します (before starting session).

グループ PPV: 実行者は、有料グループ モードで部屋を起動することも. すべてのユーザー入力猶予時間以降後 1 分につき料金を請求します。. 1 分あたりグループ コスト見ることができるリストとの部屋にアクセスするとき. 管理者は、複数のユーザー設定のグループ モードを定義できます。 (元: 無料, 支払われる, 特別です) 分と特別なユーザー モード別単価.

特別なユーザー モード

These are selected by user/participant. ときウェブカメラ リストのユーザーからアクセスする部屋は、特別なモードを選択できます。, 通常追加料金を含む:

2 Way Mode: A limited number of users can start their webcams during group chat (実行者と簡単通信). 実行者だけが自分のストリームを見ることができる、この特権の余分に支払. 余分なサーバーの負荷をストリーミングでは、ウェブカメラを公開.
構成します。 2 方法スロット内のユーザーのための分あたりの費用 2 方法のモード.

盗撮モード: ユーザーは、チャットに参加せず演奏を見ることができます。. ライブ セッション中に、ユーザー名が難読化されても. 盗撮を見ているユーザーのライブ名で実行者が分かっていません。, トランザクション] セクションでユーザー名盗撮を示していますが、, セッションの後. パブリック セッションに参加したいが操作する必要はありませんクライアントに最適.
管理者は、盗撮を見ているユーザーのための分あたりのコストを設定できます。. 盗撮モードも有効にできるプライベート ショー (出演者は実行者のプライベート ショーを見に支払うので).

Presentation Mode

Application can be used in presentation mode (a special application mode).
Can be enabled by administrator depending on site theme (for collaboration, e-learning, presentation projects).

This involves a presentation screen and multiple new features like file sharing, slideshows, annotations, 記録, whiteboard.
Performer can select what to show on presentation screen (own or other participant camera, slides with annotations).
Can also open additional video panels to show own or other cameras in addition to presentation screen.

Presentation mode can be used for e-learning classes, consultation, seminars, collaboration sessions, プレゼンテーション.

Mobile Support for Group Modes

携帯電話のブラウザーの制限のため, solution implements specific features for mobile users because the web apps are not supported.
HTML5 stream of performer webcam is supported as HLS / DASH after transcoding.
A HTML chat can also be enabled for devices that support inline streaming (some will show video stream in full screen so no other elements like chat are available in mobile browser).
Paid group chat is supported with the html chat but not recommended because session control is based on JS (which can be disabled/altered client side).
HTML5 solution does not support interactions like requesting private pay per minute show, broadcasting own camera, ヒント, system messages.

For advanced functionality including broadcasting mobile camera and live reliable secure interactions, カスタム モバイル アプリケーション can be developed.